【SIGMA 50mm F1.4 DG HSM】はお勧めの1本!

Share on GREE
Pocket
LINEで送る

こんにちは。
スタジオアラジン店長の田村です。

1N6A2749SS1/200 F.4 ISO100

先日、SIGMA 50mm F1.4 DG HSMを使う機会がありました。
ちなみに、個人的には、Canon EF 50mm F1.8 Ⅱを使ってまして、
絞りが1.8と1.4がどう違うか?を体感できました。

フルサイズのカメラで使えば、
50mmという焦点距離は、人間の視野とほぼ同じで
見た目と、ファインファーでのぞいた景色がほぼ同じですから、
イメージ通り、見たとおり、撮れるんですね。
(今回は、Canon EOS 5D mk3での使用例です。)

というわけで、実は上の写真も、
とっても近づいて撮ってるわけです。

F1.4というのは、ピントが合っていない部分がひじょーにボケる。
例えば、次の写真は目にピントを合わせてありますが、
鼻の頭とかはもう、ボケているわけです。

1N6A2750
SS1/200 F1.4 ISO100

そんなわけですから、ともすればピンボケ写真を量産してしまいますので、
ピン合わせには十分な注意が必要です。
もちろん、背景を含めて、申し分のないボケ味です。

1N6A2761 1N6A2746
SS1/200 F1.4 ISO100 SS1/200 F1.4 ISO100

1N6A2771SS1/160 F1.4 ISO100

背景の街灯の玉ボケも
美しく表現されていると思います。

次に紹介するのはスナップで、場所は高松の北浜アリーです。
同じ場所で、ピントを合わせる場所だけ変えてみました。

1N6A2926 1N6A2927
SS1/2000 F1.4 ISO100 -0.7EV SS1/3200 F1.4 ISO100 -0.7EV

ちょっとわかりづらいかもしれませんが、
窓の奥の電球にピントを合わせてあります。
ボケの差が分かりますか?

視野と同じ焦点距離ですので、スナップにももってこいです。
構図を決めるために、ズームに頼ることなく、自分の足で位置を決めます。

1N6A2929SS1/160 F.4 ISO100 -0.7EV

ちょっと絞った写真と見比べてみましょう。

1N6A2942 1N6A2943
SS1/4000 F1.4 ISO100 SS1/1000 F2.8 ISO100

F1.4ですと、この距離でさえ、花の一部がぼけましたので、
絞って撮影してみました。

今度は、焦点距離の比較…

SIGMA 35mm F1.4 DG HSMも持ち合わせていましたので、
50mmと35mmの違いです。

1N6A2961 1N6A2957
焦点距離35mm SS1/3200 F1.4 ISO100 焦点距離50mm SS1/4000 F1.4 ISO100 -0.3EV

15mmの差はこれぐらいの感じです。
この差をどう思うか?本当にわずかな差のように思いますが…。

個人的には、ポートレートは50mm、
風景などは35mmの方が使いやすく感じました。

というわけで。
SIGMA 50mm F1.4 DG HSMは「ぼかしたい!」という人にとってもお勧めです(笑
もちろん、純正より安価…というのも重要なポイント。

ただ、重要なのは、ただぼかしたらいい…というわけではないこと。
一般には、レンズの性能は2絞りぐらい絞った時がいい、なんて言われます。
上のお花の例では、2絞りどころか、もっと絞ったわけですが、
「どこまでを写し込みたいか?」を考えて絞り値を決めるのがいいと思います。

1N6A2946SS1/1600 F1.4 SO100

上を見ればきりがないのがレンズ。
自分の撮りたい写真に合わせて、ベストな1本を見つけたいですね。

今回は、SIGMA 50mm F1.4 DG HSMの作例のご紹介でした。

/スタジオアラジン店長 田村

松山市の写真プリント/現像、ダビング、中古カメラならモリカメラへ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です