西日本最高峰の石鎚山へ行く、の巻。

Share on GREE
Pocket
LINEで送る

 


11

 

 

いつもお立寄りいただき、ありがとうございます。

皆様も一度は?登ったことがある方もいらっしゃると想いますが
わたくし、先日はじめて石鎚山へ行って来たんです。

新緑の季節でたっぷり森林浴をして
どの角度から撮っても画になる、景色ばかりで本当に癒されてきました。
それでは、ちょこちょこっと紹介しますね。

10

モアイ像のごとく登場した岩(笑)

12

 

空の色、雲の動きは見上げるたびに変わっているんですね。

6

どこをとっても素敵で、ただ厄介なものは・・・・・虫。
虫???そうなんです!標高1000m以上ものある山にもかかわらず
生息する虫・・・・なんなんでしょうね~(苦笑)

5

 

お天気も申し分なく快晴でしたが、方角によっては
空が真っ白な状態もあり、撮影するには物足りなかったです。
真っ白なのがコチラ↓

9

ちょっとが物足りないですよね?
でもこの木?枝も石(岩)と一緒で画になります。

4

一際目立つすみれちゃん♪かわいいですね。

7

 

鳥居の真下から太陽を狙いお星様を作りましたが光が
拡散してしまったので露出でアンダーにして撮ってみました。コチラ↓

8

 

はっきりと映し出されました。
撮る位置を変えて鳥居に太陽が重なるところで
あえて撮っても面白かったかもしれません・・・後の祭り(笑)

1

いよいよ山頂、そしてこれは天狗岳から見た景色。
なかなかスリル満点の石場を潜り抜けて行った甲斐ありました!
大パノラマの壮大な景色に出会えたことと
あんなに空を近くに感じたことなかったです。

ただ、疑問に思ったことは、時期的なもの?
この高さでなぜ虫がいるのかってこと。
黒い点々が虫ですよ。虫!

それでも標高1982メーターの迫力は素晴らしいものでした。
登りきった達成感はやはり登った者しか味わえないですよね。

13

 

さて、森林浴をしながら下山します。
途中で休憩を取りますが、普段使わない筋肉を使ってるので
もうすでに足や腕がパンパン!
腕は、大鎖を登ったから。プラス緊張感もありましたしね(爆)

それでも日頃の運動不足を解消するべく
とてもいい運動になり、まさに一石二鳥!笑

登るのに必死で、記録的な写真ばかりですが
山登りでも多少重くても、マイカメラは
必須だということが分かりました(笑)

兼岡

松山市の写真プリント/現像、ダビング、中古カメラならモリカメラへ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です