Category Archives: 花火

【EF17-40 F4 L USMをメインで使ってみて…】@伊予彩まつり 花火大会

Share on GREE
Pocket
LINEで送る

こんにちは、
スタジオアラジン店長の田村です。

伊予彩まつり 花火大会の写真です!

165A7805
Canon EOS 5DsR EF17-40mmF4 L USM
SS11秒 F22 ISO100

7月31日に開催された「伊予彩まつり 花火大会」ですが、
わたくしは、本店店長の杉本とともに、撮影に臨みました!

今回のメインカメラはCanon EOS 5DsR、レンズはEF17-40mmF4 L USM、
サブ機として手持ちで、Canon EOS 5D mk3を。レンズはいろいろ付け替えて…

まずは2時間ぐらい前に現場に到着。
撮影場所を確保して。
花火以外の被写体を探します。

夕日や夕焼けは定番ですかね。
構図を考えて、電柱も配置してみます。

1N6A7768 1N6A7855
Canon EOS 5Dmk3 EF300mmF4 L IS USM
SS1/800 F4 ISO100
Canon EOS 5Dmk3 SIGMA SP 24-70mm F2.8
SS1/160 F2.8 ISO160

左は300mm。思いのほか望遠でしたので、標準レンズで撮ったものが右。

そこへ珍客登場!

1N6A7778
Canon EOS 5Dmk3 EF300mmF4 L IS USM
SS1/160 F4 ISO250

恐る恐る近づいてきました!
幸い、タムロンの150-600mを持っていましたので、レンズを付け替えてズームアップ!

1N6A7791 1N6A7800
Canon EOS 5Dmk3 TAMRON SP150-600mmF5-6.3
SS1/125 F6.3 ISO1250
Canon EOS 5Dmk3 TAMRON SP150-600mmF5-6.3
SS1/125 F6.3 ISO1600

さて、そろそろ花火撮影の準備をしましょう。
三脚にカメラをセット。
セットするのは、冒頭でお話ししたCanon EOS 5DsRとEF17-40mmF4 L USMです。

1N6A7828
Canon EOS 5D mk3 SIGMA 35mm F1.4 DG HSM
SS1/640 F1.4 ISO100

1N6A7845 1N6A7850
Canon EOS 5Dmk3 SIGMA SP 24-70mm F2.8
SS1/125 F2.8 ISO1000
Canon EOS 5Dmk3 SIGMA SP 24-70mm F2.8
SS1/160 F2.8 ISO3200

カメラがかっこよく収まる撮り方をいろいろ模索します。
いや、花火が主役だって…(笑

本店店長の杉本も、準備に余念がありません。

共に、35mmのレンズで開放で撮っていますので、
味のある雰囲気に仕上がりました。

1N6A7836 1N6A7833
Canon EOS 5D mk3 SIGMA 35mm F1.4 DG HSM
SS1/160 F1.4 ISO125
Canon EOS 5D mk3 SIGMA 35mm F1.4 DG HSM
SS1/160 F1.4 ISO125

準備万端の状態で花火開始!
花火はすべて、Canon EOS 5DsRでレンズはEF17-40 F4Lですので、
表記を省略しますね。

165A7695
SS9秒 F22 ISO100

かなり近づいていて、目視では迫力満点だったのですが、
なにせ17mmという広角のおかげで、全体が簡単に収まります。

165A7731 165A7725
SS38秒 F22 ISO100 SS19秒 F22 ISO100

ちょっと迫力不足かな…って思いましたので、
下の写真はトリミングしてみました。

165A7691
SS4.4秒 F22 ISO100

2~3箇所から打ちあがるのですが、
すべてを収めてまだ余りある広角です。
その分、写真にしてみると迫力が足りない気がします。

165A7777 165A7735
SS16秒 F22 ISO100 SS21秒 F22 ISO100

実は、ほとんどちょっとだけトリミングしてあります。
それだけ17mmという広角は凄いということ。
全部収まっちゃうんですからね…

165A7807
SS10秒 F22 ISO100

165A7803 165A7804
SS11秒 F22 ISO100 SS8.4秒 F22 ISO100

もちろん、きれいに収まるので、気持ちがいいわけですが。

165A7821 165A7824
SS11秒 F22 ISO100 SS13秒 F22 ISO100

でもやっぱり、迫力を出そうと思うと、
こんな感じで花火をあえて切ってトリミングがベストかな。

165A7826
SS7.7秒 F22 ISO100

最後に変わり種を二つご紹介…

まずは、現像時にあえてホワイトバランスを青くしたもの…
神秘的な雰囲気になっていると思います。

165A7806
SS5.6秒 F22 ISO100

次の2枚は、撮影中、Canon EOS 5D mk3に35mmF1.4の単焦点を付けて撮影。
F1.4のおかげで花火も玉ボケします。
ピンはカメラに合わせてあります。
花火の雰囲気は伝わりますよね。

1N6A7919 1N6A7949
Canon EOS 5D mk3 SIGMA 35mm F1.4 DG HSM
SS1/400 F1.4 ISO100
Canon EOS 5D mk3 SIGMA 35mm F1.4 DG HSM
SS1/160 F1.4 ISO1600

祭りの後も、町は喧噪で包まれるのでした…

1N6A7984
Canon EOS 5D mk3 SIGMA 35mm F1.4 DG HSM
SS1/125 F1.4 ISO1000

というわけで。
いろいろなレンズを持って行って正解だった今回の撮影。
個人的には広角レンズを十分堪能できました。

感想としては、広角レンズ特有の歪み。
これが顕著に表れて、花火がまっすぐ上に上がっていないという。
そうして考えると、望遠レンズで遠くから狙う方が形はゆがみません。

その分、近づいて撮れるので迫力満点!
上手くトリミングすれば、迫力も良く伝えられると思います。
(が、トリミングの位置に注意!なにせ広角は周辺がゆがみますから…)

あと、今回花火に初めてサブ機を持って行ったのですが
これが大正解でした。
花火撮影は無線のレリーズでシャッターを切り、
同時にサブ機でカメラの写真を撮ったりしていました。

その場の雰囲気写真を残したい人には、ぜひおすすめです!

というわけで、花火を…というより、
撮影を十分堪能した夜でした~。

スタジオアラジン店長 田村

松山市の写真プリント/現像、ダビング、中古カメラならモリカメラへ!